お片づけ

【ママの学び】ママが片づけを知ると起こる、3つの変化

ママたちは「お片づけ」を習うことのなかった世代

「お片づけ、得意ですか?」

と聞かれて、イエスと答える方はどれくらい
いらっしゃるのでしょうか?

「私はお片づけが苦手で、自信がない」という方は
ちょっとしょんぼりした気持ちになるかもしれません。

でも、考えてみてください。

あなたは「お片づけ」という授業を学校で
学んだことがありますか?

こんにちは
ご訪問くださり、ありがとうございます♪
整理収納アドバイザー
方眼ノートトレーナー
の田村麻実子です。

あわせて読みたい
【自己紹介】ママも子どもも。お部屋と思考のお片づけ。ブログをご覧くださり、 ありがとうございます。 京都の南の方、長岡京市で 整理収納アドバイザー 方眼ノートトレーナー 10...

2020年、お片づけは家庭科の授業で習うことになりました。

でも、ママ世代の私たちは「お片づけ」について
きちんと学んだことはありません。

なので「苦手」、「自信がない」のは当たり前なんです。
当たり前のことなので当然落ち込むことはありません。

「勉強はいつ始めても遅くない」というように
始めるのはいつでもいいんですから。

かくいう私も、お片づけは苦手でした。

小さな頃から主婦雑誌が好きで、憧れのインテリアの写真を
みてはうっとりする変な小学生でしたが
インテリアが好きだからと言って部屋が
きれいではありませんでした。

私はちょっとズルイところがあって
モノを隠すのは上手な方。

友達が来る時はすごくキレイにできるんです。
今で言うミニマリストのような部屋で
お出迎え。

でも、その時のクローゼットは隠したモノでパンパン!!
お友達が帰って2日もすれば部屋じゅうモノだらけの
状態に逆戻り。

今ならわかります。
しまい込む、キレイに見せる。は
お片づけでもなんでもないんですよね。

お片づけで起きる変化

私たちはお片づけを学んでいないません。

でも日本の文化として

「お片づけは母の背を見て学ぶもの」
みたいな、なんとも体育会系の伝統があるような
気がしませんか?

そりゃ、お片づけの上手な母から小さい頃に「片づけ習慣」
を手渡してもらえたら一番いいとは思いますが
「自分の母がお片づけがめっちゃ上手だった」か
と聞かれると う〜〜〜ん と言うところ。

もちろん、お片づけが上手なお母さまを持つ方も
いらっしゃるとは思いますが、少数派な気がします。

学んでもいない、理想の背中を見てもいない。
そんな状態で、
「ママになったから、お片づけできるでしょ?」
といわれてツライ思いをしている人が多い!!

私もそのつらさを感じていたのですごくよくわかります。

でも今はお片づけの本もたくさん出ているし、
メディアでも取り入れられている。

ぜひぜひ「お片づけを学ぶ」ということを選択の一つに
入れてみてくださいね♪

前置きが長くなってしまいましたが
お片づけを学ぶと起こる変化について
お話ししたいと思います。

お片づけはたくさんの変化をもたらしてくれます。
「部屋が片づく」だけでない素敵な変化♡

今日はそんな素敵な変化を3つお話しします。

<お片づけで得る3つの変化>

1:心にゆとりができる
2:「ストレスで無駄買い」がなくなる
3:家族の絆が深まる

心にゆとりができる

お片づけで心にゆとりができるのは
なんとなくご理解いただけると思います。

でも、なぜゆとりができるのか?

もちろん片付けにかかる時間が減って
ゆとりを感じるというのもありますが
それだけじゃありません。

実際にものが散らかっている部屋をイメージしてください。

子どもの習い事の送り迎えや、お仕事から疲れて帰ってきた時、
部屋がめちゃくちゃに散らかっている。
なんとか晩ご飯の用意をしても机がゴチャゴチャ。
荷物をテーブルの端に寄せて狭いスペースで食事。
食器を下げてもキッチンに置く場所もない。

家に帰ったら「あとで部屋を片づけなきゃ」
食事しながら「あとで机を片づけなきゃ」
食事の後も「先にシンクを片づけなきゃ」

後にも先にも「片づけなきゃ」いけないことが山積み。
「〜しなきゃ」はちょっとした脅迫のようなもの。

そんなことが毎日続けば心が疲弊していくのは当たり前。

そんな状態から抜け出すには「モノを減らす」が効果的です。
モノが減って片づけにかかる時間が減ると
すぐ片づく。
なので「片づけなきゃ」という脅迫観念にサヨナラして
心にゆとりを持つことができますよ。

「ストレスで無駄買い」がなくなる

よくお話しするのですが私はストレスがたまると
ネットショッピングでポチッをしてしまうタイプでした。

「どうしても欲しい」というより買ったら今と何かが変わるかも?
みたいなワラをもつかむ気持ちだったような気がします。

でも、お片づけでモノに向き合うことを知ったら
この「ポチっ」とはサヨナラできました。

もちろん、「素敵!!欲しい!!」っというのは
なくならないような気がしますが冷静に考えてモノを
選べるようになりました。

お片づけを学ぶと大事にできるモノ、
本当に好きなモノにフォーカスできるようになりますよ。

家族の絆が深まる

ママにとってこの変化は大きいと思います。

私はお片付けを学ぶ以前、育児ノイローゼのような
状態になり、仕事から帰ったら泣く子を怒鳴りつけながら
家事をしていました。
今考えても鬼婆ですね。
(オニババでは可愛くなるのであえて漢字で書きます。)

でもさっき言ったようにモノが多く片付かない上に
「〜しなきゃ」の強迫観念に囚われていたので
常に疲弊していました。

主人は帰るたびに泣いている私を責めることは
ありませんでした。
ため息まじりに「つらいなら家事しなくてもいいから」
と言って洗い物をしてくれていましたが
「ママも妻も失格」といわれたように
感じて余計につらく思っていました。

でも、片づけを知ってからは私も家族も変化しました。

簡単に片づく仕組みができているから
「すぐに片づく」
「ママじゃなくても片づけられる」
「子どもも自分で片づける」

さらには簡単だから
旦那さんに”〇〇しといて〜”も気軽に言えるんです。

片づけがママだけの仕事じゃなく、
みんなの役割になったんです♫

片づけで得たものは無限大

片づけをキチンと知ることはメリットがいっぱい!!
デメリットなんてありません〜(あたりまえ)

私にとって大きなことはやっぱり家族みんなが変化した。
ということ。

もちろん子どものことが毎日うまくいくわけじゃありません。

うちの子は感情のコントロールが簡単ではない子なので
私もイライラモヤモヤ、ドッカーーーン!!
ということはよくあります。

でも、やっぱりお片づけに向けるエネルギーを最小限に
できているっていうのは本当に助かっています。
その分のエネルギーを他のことに使うことができるから。

泣きながら仕事帰りの旦那さんを迎えるということもなくなり、
食事の後片づけを頼んでも罪悪感を感じません(笑)

あと、もう一つ大きなメリット♡

子どもに片づけ上手な
ママの背中を見せてあげること。

「片づけ習慣」を小さな頃から
手渡してあげられること。

これが叶いますよ。

募集中のサービス

6月23日 ママが楽するお片付け(収納編)セミナー

オンラインもしくはANTENA(長岡京市)
・簡単に片づけを終わらせたい!
・旦那さんやお子さんにも片づけて欲しい
そんな方に伝えたい収納方法
(この講座にご参加の方は6月30日
生きる力をはぐくむ親子の片づけ講座が500円引きになります。)

子育て情報紙ママパスポート長岡京イベントページに飛びます。
お申し込みはコチラ

6月30日 生きる力をはぐくむ親子の片づけ


子どもにはお片づけできる子になって欲しい。
そう思っていませんか?
お片づけができるということはどういうことか。
そのためにママができることは?
【日時】6月30日10:00〜11:30
【開催】zoom(オンライン)
【参加費】3000円(銀行振込)

お申し込みはコチラ

忙しいママのためのスケジューリングメモ術

やることがいっぱい!
忙しいママがサクサク行動できる
魔法のメモ術
豪華特典付き!!
6月24日 10:00〜11:30
7月1日 10:00〜11:30
7月4日 10:00〜11:30
詳細及びお申し込み