お片づけ

コレクション癖のある息子と決めたモノを増やしすぎないルール。

私の住む長岡京では
台風は過ぎましたがまだまだ
風は強く吹いています。

転倒などには十分お気をつけくださいね。

こんにちは
ご訪問くださり、ありがとうございます♪
整理収納アドバイザー
方眼ノートトレーナー
の田村麻実子です。

あわせて読みたい
【自己紹介】ママも子どもも。お部屋と思考のお片づけ。ブログをご覧くださり、 ありがとうございます。 京都の南の方、長岡京市で 整理収納アドバイザー 方眼ノートトレーナー 10...

お問い合わせはこちらから。

友だち追加

LINE公式アカウントでは
セミナーやサービスのご案内の他、楽しいイベントやお得な情報をお届けしています。

ただ今、LINE公式アカウントにご登録&スタンプをご送信いただいた方に今度こそ物を手放す!シートプレゼント中!


予告なく終了する場合があります。お早めに!

<募集中のセミナー>

忙しいママが「やるべきことを」をサクっと終わらせて
自分の時間まで作れちゃう、全く新しいスケジュール管理の魔法のメモ術

豪華特典付き!!
−方眼ノート−
[認定]10min FOCUS mapping 初級 オンライン講座

あわせて読みたい
【セミナー】やるべきことがサクサク終わる!魔法のメモ術毎日やるべきことに 追われて疲れている。 そんなあなたへ。 【認定】 10min FOCUS Mapping オンライン講座 ...

ママが楽するお片づけ−家族みんなが片づけやすい仕組み作り−セミナー
お片づけはママの仕事と思っていませんか?
家族みんなが楽に暮らせる方法の作り方

あわせて読みたい
【セミナー】ママが楽するお片づけ−家族みんなが片づけやすい仕組み作り−お片づけはママがするものと思っていませんか? ・子どもがおもちゃを片づけてくれない。 ・パパの鞄がいつも椅子に置いてある。 ...

コレクションは放っておくと大変!!

実はわたし、昔はコレクション癖があったんです。

欲しいものがあると全部揃えちゃう。
かわいいモノを見ると3つって並べるのが
私のインテリアのマイルール。(当時)

そんな風に買い物していたので家の中は
大変なことになっていました。

そんなコレクション癖のある私の性格を
引き継いだのが我が家の小4男子。
ただいま空箱を集めるのに夢中です。

皆さんもご自身、もしくはご家族に
「コレクションが大好き!」な方、いらっしゃいませんか?

コレクションは放っておくと増える一方。
増やすことが目的なので
止めることが簡単ではありません。

今日はそんなコレクションについてのお話。

見て量がわかる!コレクションにはルールを!

私が今回伝えたいこと、それは

コレクションには最初から上限を作る!!

ということ。

週刊誌などの雑誌、フィギュアなど無限に
増えていくものには
今回は当てはまりません。
そういったモノを
コレクションしている人のゴールは
基本コンプリートです。(いつやねん!)
そちらの話はまたいつか。

今回は子どもに多い、つい集めちゃうモノ。

例えば
・ 石、木の実、葉っぱ
・ 工作用の箱や紙
・ トミカ
など。

そういったモノを集めちゃう時のルールです。

我が家の小4男子。
今は割り箸てっぽうにハマっています。

輪ゴムを引っ掛けて引き金を引けば
輪ゴムが飛んでいくんですが、
彼はなぜか 的にする空箱を集めることに
夢中になってしまいました。

私が普段、速攻で処分する空箱。
学校や学童から大量に持って帰ってくるんです。
勘弁してくれ〜〜!!

とはいえ、彼は家族と遊ぼうと思って
持って帰ってくるわけであんまり無下にはできません。

しかも、この空箱は工作も作るんだといって
溜まる一方。

そこで 『決めた引き出しに入るだけ持つ。』
という上限をルール化しました。


ちなみに我が家は
スチールユニットシェルフ帆布バスケットセット・幅56cmタイプ・ライトグレー
を子ども部屋に使っています。

この上限の決め方には3つのポイントがあります。

ポイント
 1.小さ過ぎない
 2.今以上の価値があるものだけ増やす。
 3.飽きたら手放す。

です。

ポイントについて説明したいと思います。

<ポイント1:小さ過ぎない>

 これ大事です。

 「コレクションしたい」という気持ちがあるのに
 入れる箱が小さいとすぐにいっぱいになっちゃう。
 気持ちが納得できずにイライラしてそのうち
 決めた場所に戻さなくなります。

 コレクションする気持ちを納得させてあげることも大事。
 小さ過ぎないモノを選んであげてください。

<ポイント2:今以上の価値があるものだけ増やす。>

 これは家に持ち込む前に
 今持っているモノと比べて、
 今持っているモノ以上の価値があると
 感じたモノだけ持って帰っていいルール。 

 これは「必要なモノを選ぶ」訓練にもなります。

 「これは今あるものよりいいものかな?」と
 選ぶクセが付けられるようになり、
 要不要の選択ができるようになりますよ。

<ポイント3:飽きたら手放す。>

 これは小さい子には簡単ではないかもしれません。
 できなくても怒らないであげてください。

 でも、モノに必要以上に執着しすぎると
 家の中がモノだらけになっちゃいます。

 最初にルールを決めるときに
 ぜひ、「いらなくなったら手放そうね。」と
 声をかけておいてあげてくださいね。

 すぐにはできなくても
 いつかできるようになります。

 気に入っていたモノを手放すのは
 大人でも簡単じゃありません。

 ゆっくり待ってあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
コレクションしちゃう子どもに必要なルール。

それは上限を決めること。

上限を決めることで
自分がどれだけ持っているか
ひと目でわかるようになり、
「多くなってきたから手放そう」
と考えやすくなります。

ぜひポイントを意識しながらやってみてくださいね。

皆さんのおうちで集まりやすいモノって何ですか?^^